ヨークシャー・テリア

ヨークシャー・テリア Yorkshire Terrier

イギリス(ヨークシャー地方)

【体高】
特に決まりはないが20~23cm位

【体重】
雄雌共に3kg以下。(2kgが理想)

【毛色】
ボディはダークスチールブルー(暗鋼青色)
頭部の飾り毛はゴールデンがかっている

【歴史】
19世紀のイングランドは、織物工業が発達していてそこでスコットランドから出稼ぎに出てきた人々がマンチェスターテリアやスカイテリア、マルチーズなどを持ち込みました。
そこからヨーキーは生まれたといわれています。今の小さくて高貴、かわいらしいイメージとは違い、その頃は大きめのサイズでした。
時代が進んでネズミの駆除の技術や薬品が開発されて今度は被毛の美しさが注目されるようになりました。

【由来】
通称ヨーキーと呼ばれています。「~テリア」とは、フランス語で“獲物を穴の中まで追いかける能力”という意味で、ドイツ語では“噛む動物”という意味合いもあります。ヨークシャー地方が原産地とされるためこうつけられました。元はネズミ捕りの目的で作出された犬種で、今よりもかなり大きいサイズでした。 次第に小型化され、その美しい被毛から「動く宝石」と呼ばれ、世界中で人気の犬種となっています。

【特徴】
小型の身体にテリア気質を充満させているところが人気の理由。
被毛の色は子犬の色はブラックが主でところどころタンが混ざっています。大人になると、顔がゴールドからタンに変化していきます。背骨を挟んで左右に綺麗に毛が分かれることも特徴です。
スタンダートでは断尾するようになっていますが、ショーなどに出るわけではないのならば必用ありません。
甘えん坊で抱っこされたりするのが好き。しかし、きゃしゃな外見に似合わず活発で機敏、気が強いといえます。人見知りも強くて飼い主以外には吠えつくこともあります。


              

犬は自分の異常を訴えることがないので犬の健康状態や生命については、飼い主に100パーセントの責任があります。
犬が異常なサインを発していたら、真先に気づいてあげましょう。

ヨークシャー・テリアがかかりやすい病気

  1. 低血糖症
    子犬で発現しやすい疾病の一つです。急に元気がなくなって倒れたり、ひどくなるとてんかんの様な発作を起こします。
  2. 気管虚脱
    先天的な病気で、気管支が細く硬くなります。いびきのような声を発し、ひどくなると呼吸困難を起こします。
  3. 膝蓋骨脱臼
    膝のお皿に相当する骨が内側に滑り落ちる状態になり、ひどくなると慢性的に痛み、まっすぐに歩きにくくなります。
  4. 水頭症
    先天的な場合と後天的な場合があります。頭に水が溜まってしまい、運動失調等が現れ、これがひどくなると、てんかん発作などの様々な症状がでます。
  5. 歯突起形成不全
    首の後方にある歯突起が、産まれつき欠損する病気で、ふらふら歩いたりするなどの運動障害が現れ、これがひどくなるとてんかん発作などの様々な症状がでます。
  6. 睫毛重生
    まつげが二列に生えます。眼にまつ毛が入るため、涙がでたり、目に傷がついたりします。
  7. 嘔吐と下痢
    他のトイ犬種より、ヨークシャー・テリアでは生涯を通じて多いことが認められています。
  8. 難産
    ヨークシャテリア体が小さいため、出産のとき難産になることがあります。陣痛が始まってもなかなか子供が生まれないようであれば、すぐに獣医師に連絡しましょう。

※書いてある病気は他の犬種より発生頻度が高いと報告されていると言うことであり、起こる確率が高いというわけではありません。
※気になる症状がある場合は、かかりつけの獣医師にすぐご相談下さい。

動物用サプリメント

ご存知の方も多いですが、サプリメントとは「栄養補助食品」のこと。通常の食事では摂取しきれない栄養を補うのが目的です。
ブルーベリーに含まれるアントシアニンは目の為に!カルシウムは骨を丈夫にするために!コンドロイチンは骨・軟骨の為に!腎臓病にはビタミンC、Eとコエンザイム!等など。気になる部分にそれぞれのサプリメントを摂取するのはとっても大変です。プロワン・ドッグは全ての犬種・成長段階のワンちゃんにご利用いただけるマルチ・サプリメントです。
プロワン・ドッグには昆虫であればさなぎ期、哺乳類であれば胎児期の一時期に体内で作られる「生命の力」・「寿命の長さを決めるたんぱく質」である寿命たんぱくTMが配合されています。ペットの生きる力を輝かせ、ペットの健康と長生きを応援します。