ミニチュア・シュナウザー

ミニチュア・シュナウザー Miniature Schnauzer

ドイツ

【体高】
雄雌共に30~35cmで、34cmが理想

【体重】
特に決まりはないが、6~8kg程度が理想

【毛色】
ソルト&ペッパー、黒&シルバー

【歴史】
19世紀末、スタンダート・シュナウザーを小型化するためにアーフェン・ピンシャーと掛け合わせて作られました。
元はネズミ捕りとして働いたりするために作られたテリアですが、1899年のドッグショーに登場してからは、立派な口ひげが人気となり婦人たちのお供をして社交界のサロンに出入りしたこともあります。
昔は断耳といってわざと耳を切り、ピンと立った耳が主流でしたが最近はあまり行わなくなりました。

【語源】
シュナウザーとは、ドイツ語で「口ひげ」の意味を表す「シュナウツ」からきています。
大きさにより、ジャイアント・シュナウザー/スタンダート・シュナウザー/ミニチュア・シュナウザーと分類されています。

【特徴】
名前の通り、口のまわりの口ひげのような長い毛が特徴的で、まるで哲学者のようです。
しかも体高と体長がほぼ同じと、締まったまったボディを持っています。
どちらかというと外見は知的で物静か。しかし、愛想がよくて遊ぶとなると元気いっぱいです。
言葉や指示に対する反応もよく、訓練しやすい性格のため、飼い主に忠実で指示や命令を受けることが大好きです。
テリア独特の攻撃性は少ないものの、侵入者を発見したり、いきなり大きな物音がしたりすると興奮して吠え続けることもあります。吠えるのを抑えるためにもしつけはしっかりと行った方がよいです。
甘えん坊な面があるため、常に飼い主と一緒に行動したいという欲求が特に高いです。


              

犬は自分の異常を訴えることがないので犬の健康状態や生命については、飼い主に100パーセントの責任があります。
犬が異常なサインを発していたら、真先に気づいてあげましょう。

ミニチュア・シュナウザーがかかりやすい病気

  1. レッグパーセス
    足の大腿部の骨の股関節にはまっている部分が壊死し、きれいに丸くなくなってしまい、関節を動かすと痛い。原因は不明だが遺伝も関係あるかもしれないらしい。手術で骨の当たっている部分を切除して治療するのが一般的。
     
  2. シュナウツァー面皰症候群
    背中にほこりや上皮の屑と皮脂でできた黒い塊ができ、毛穴などを塞いでしまう。黒色面皰が一番多くできるのは背中の中央だが、首や骨盤のほうにも拡がります。この面皰は、触ってみると皮膚の表面に突き出た固いかさぶた状のものであることが判ります。原因は判っていませんが、遺伝的な毛穴の異常発育によるのではないかとも言われている。
  3. アトピー性皮膚炎
    主に塵埃(家のダニ等)を吸引することが原因で起こり、通常1~3才までに発生し、遅くても6才までに発症します。季節性があり、激しく痒がります。性差はありません。
  4. フォン・ヴィレブランド病
    出血性素因の病気で、粘膜や体のあらゆる部分に出血傾向が認められ、血小板による一次止血が遅れて、出血時間が延長します。出血様式は皮膚粘膜出血が中心。常染色体優性遺伝の病気です。
  5. 脂漏性皮膚炎
    皮膚に脂っぽいフケが付着し、特有の腐敗臭が伴います。激しく痒がり、発赤し、脱毛します。脂漏の状態によって乾性と湿性に分けられます。
  6. 若齢性白内障
    おもに高齢の犬でよく見られますが若齢でも罹ることがあります。シュナウザーは遺伝的にも多いとされています。多くは2才以下で発生、眼球内の水晶体が白く濁る病気です。進行するに従って夜の散歩で電柱などにぶつかる、動きが活発でない、 動く物を眼で追わないなど視力低下を疑わせる症状がみられます。
  7. 歯石・歯垢の蓄積
    歯が茶色く変色し、ひどくなると悪臭を生じます。そのころには細菌感染を起こし、その毒物を飲み込むことにより、全身に悪影響を与えます。
  8. 尿石症
    血尿、尿が出にくい、嘔吐、疼痛などの症状が現れ、ひどくなると尿閉をおこし、尿毒症になります。蓚酸カルシュウムが他の犬種の11倍できやすいことが知られています。

※書いてある病気は他の犬種より発生頻度が高いと報告されていると言うことであり、起こる確率が高いというわけではありません。
※気になる症状がある場合は、かかりつけの獣医師にすぐご相談下さい。

動物用サプリメント

ご存知の方も多いですが、サプリメントとは「栄養補助食品」のこと。通常の食事では摂取しきれない栄養を補うのが目的です。
ブルーベリーに含まれるアントシアニンは目の為に!カルシウムは骨を丈夫にするために!コンドロイチンは骨・軟骨の為に!腎臓病にはビタミンC、Eとコエンザイム!等など。気になる部分にそれぞれのサプリメントを摂取するのはとっても大変です。プロワン・ドッグは全ての犬種・成長段階のワンちゃんにご利用いただけるマルチ・サプリメントです。
プロワン・ドッグには昆虫であればさなぎ期、哺乳類であれば胎児期の一時期に体内で作られる「生命の力」・「寿命の長さを決めるたんぱく質」である寿命たんぱくTMが配合されています。ペットの生きる力を輝かせ、ペットの健康と長生きを応援します。